沖縄で青の洞窟を楽しむ|【真夏を十二分に楽しむ】離島の人気観光スポットや沖縄の青の洞窟を見学しよう
波

沖縄で楽しむ青の洞窟は魚とも触れ合えます

沖縄で青の洞窟を楽しむ

熱帯魚

沖縄にも青の洞窟がある

イタリアのカプリ島にある有名な「青の洞窟」ですが、日本国内でも「青の洞窟」を体験することができます。中でも、沖縄は非常に人気なスポットです。

沖縄観光の起点としやすい

沖縄の青の洞窟は恩納村の真栄田岬にあり、ちょうど沖縄本島の真ん中の辺りに位置しています。そのため、近隣のホテルを利用することで沖縄南部や沖縄北部のどちらにも観光に行きやすくなります。

沖縄の青の洞窟を楽しむ方法

予約を行なう

青の洞窟を体験するツアーには予約が必要です。沖縄の青の洞窟の場合はシュノーケリングと体験ダイビングの2つのツアーがあります。

自身にあったプランを決める

青の洞窟の体験ツアーで気にするポイントのひとつで、貸切か非貸切かという点があります。繁忙期には混み合ってしまう可能性もありますが、混んでいてもゆっくりと散策したいという人は貸切のコースを扱っている店舗を利用するといいでしょう。

出発先にこだわる

出発は、ビーチ出発とボート出発があります。ビーチから海岸を眺めながら青の洞窟まで向かうツアーと、ボートで青の洞窟まで移動するツアーがあります。どちらにも魅力がありますので、好みで決めるといいでしょう。

シュノーケリング

シュノーケリングは海面に顔をつけたまま散策を楽しむコースとなっています。事前にシュノーケルなどの講習もあるので、初心者でも安心して楽しむことができます。

体験ダイビング

通常ダイビングは資格が必要ですが、インストラクターがガイドを行ってくれる「体験ダイビング」であれば、資格がなくともダイビングを楽しむことができます。

青の洞窟とはなにか

「青の洞窟」は海蝕洞というもので、海水が侵食することによって生まれた天然の洞窟です。太陽光の反射によって海面がきらきらと青色に輝くことから、「青の洞窟」と呼ばれています。